活躍の場

抱きつく

声優の仕事は増えています。
アニメやゲームの増加もそうですが、一般的な洋画には標準仕様で日本語吹き替え版がつくことが多くなりました。
アメリカドラマや韓国ドラマのDVDなども、吹き替えがついています。
字幕で見るのではなく吹き替え版で見る人が多いということです。
アニメの声優はアイドル並みの人気がある人もいますが、それ以外にも声優の仕事は、テレビやラジオのナレーション、商品の説明、アナウンスなどいろいろなものがあります。
声優になるためには、子供のころから劇団にはいっていたというような人を除き、一般的には、高校を卒業してから養成所に入ることになります。
その養成所が、専門学校の形をとっていたり、通信教育の形をとっていたりします。
専門学校の2年制にはいると、2年間で、演技未経験者も、演技やダンス、ボイストレーニングなどを必修で身に着けることになります。
学校によっては、アニメの声優とその他を分けていることもあります。
専攻も細かく、アニメの声優、DJ,アナウンサー、洋画の吹き替えなどに細かく分かれています。
どうしてもアニメの声優になりたいという場合は、専門に進んでみるということも選択肢の一つです。
専門学校にはプロダクションの人がきたり、オーディションを受けたりというチャンスがあるからです。
声優志望の人がボイトレに通うことがあります。
もちろん、学校や養成所ではボイトレは基本で行われていますが、それ以上を望む人が学校とは別にボイトレに通っています。
音楽教室が行っているボイトレに声優志望コースがあるところや、アナウンサーなどの養成のためのボイトレのコースがあるところなど、音楽寄りや話し方寄りに、少し傾向が違います。
毎回自分の声を録音し、自分の声を聞き直し、自分の特徴をしることができます。
養成所でも行っていますが、自分をもっと磨きたいという人は、ボイトレのコースを自分で選んで通うことになります。
学校や養成所はプロダクションとつながりのあるところも多く、卒業後にプロダクションに所属して仕事をもらうということから始めます。
そしてオーディションを受けて役をつかむという将来設計になります。

オススメリンク

anime2

声の大切さ

声優学校でのボイトレで現在の取り組みなどは、まず自分の声に自信を持つ為にレッスンをキッチリと受けて、声優学校でボイトレを受ける事で、ちゃんと仕事として声優の仕事が出来る事が望まれる為、専門学校などでもキッチリとボイトレを受けながら、実践する事が必要な状況となって行きます。
そこを考える…Read more

関連リンク

注目の記事

    専門校を選ぶ

    現在、アニメ作品のキャラクターを演じたり、洋画などの吹き替えを行なう声優の人気は過去にない程の高まりを見せてい...

    Readmore

    声の大切さ

    声優学校でのボイトレで現在の取り組みなどは、まず自分の声に自信を持つ為にレッスンをキッチリと受けて、声優学校で...

    Readmore

    活躍の場

    声優の仕事は増えています。アニメやゲームの増加もそうですが、一般的な洋画には標準仕様で日本語吹き替え版がつくこ...

    Readmore

最新の投稿

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031